山梨県北杜市/
あなたと創るぬくもりの家

北伸建設スタッフによるブログです。

> 会社案内 > アクセス

本社:0551-47-2359

村山北割事務所:0551-47-4940

無料相談.無料見積り

スタッフブログ

電話

メール

メニュー

二拠点居住にチャレンジ|心身ともに豊かな生活 – スタッフブログ

子育て世代のための家づくり

家づくりのご提案

施工事例

モデルホーム

CONTACT

0551-47-2359

0551-47-4940

無料相談・無料見積り

スタッフブログ
BLOG

家づくりの豆知識

2020/01/23

二拠点居住にチャレンジ|心身ともに豊かな生活

二拠点居住は、名前の通り、2カ所に住居を構え、生活をするスタイルのことを指します。

ここで注意していただきたいのは、別荘を持つことと、違う意味の生活スタイルを指しています。

別荘を持つ生活との違いを説明しながら、二拠点居住にについてお話します。

 

コラムのポイント

・二拠点居住は”生活する住まい”が2カ所にあり、行き来しながら暮らしていくライフスタイルです。

・別荘は、富裕層がレジャー目的で保有し、利用するための家であるのに対し、二拠点生活の家は”セカンドハウス”といいます。

・二拠点生活では、心身ともに豊かで穏やかな生活を送ることが可能です。

二拠点生活とは

1年間の間に、1ヶ月単位で行き来したり、もしくは平日は都心部で生活し、週末は田舎暮らしを楽しむ生活スタイルのことです。

二拠点生活を行う人は、近年、増加傾向にあり、20代や30代の世代に多くみられます。実際に二拠点生活を行う人のことをデュアラーと呼んでいます。

別荘との違い

別荘は、富裕層が多く保有しています。夏休みなどの長期休暇時に利用したり年に数回しか過ごさない家を別荘として考えられています。

二拠点生活の家=セカンドハウス

セカンドハウスとは、1年の中で数えられないくらい、多くの時間に生活をする居住場所です。

法律では、月に1泊2日以上居住する家をセカンドハウスとして認めています。

セカンドハウスは、固定資産税などの税金面で、別荘より優遇されることがあります。

二拠点生活が増えている背景

・都市部では、緑の場所が少なく、窮屈感を感じるため

・ふるさとと呼べる場所がほしいと思う人が増えているため

・子どもに自然を触れさせたい、五感を豊かにさせたいなど子育てのため

・職場に行かずとも働ける環境が整ってきたため

・趣味を満喫したいため

・災害が起きた場合に避難できる、生活できる家の必要性を感じたため

・田舎暮らしをしたいから

・ビジネスチャンスを見つけたため

と都市部が発展してきたからこそ、『田舎』という場所に憧れ、都市部とは違う『場所』を求めるようになったからでしょう。

田舎・自然がもたらすモノとは

なぜ、田舎や自然がいいのかを検証してみましょう。

・自然のマイナスイオンを浴びることができる

・春の暖かさ、夏の涼しさ、秋のわびしさ、冬の雪景色といった季節を体感することができる

・ゆっくりした時間の流れを感じ、リフレッシュすることができる

・全体的に物価が安い

・水がきれいで、農作物が新鮮でおいしい

 

ビルの多い都市部では、あまり感じることができない面が多いです。都市部は便利なものであふれていますが、あふれすぎて、ゴミゴミした感じがありますし、息をつく間や場所が少ないのが実情です。

自然ならではの生活に憧れを抱くのも当然なのでしょう。

二拠点生活を送る人が感じるモノ

実際に、二拠点生活を送る人の意見をまとめてみると、

・自然の豊かさに触れ、リフレッシュできている

・都市部のような競争する生活がなく、ストレスを感じなくてすむ

・オンとオフのメリハリがつき、時間の使い方が上手くなった

・都市部にはない人間関係を構築できた

など感じている人が多く、今後も二拠点生活を続けていきたいと思っているようです。

二拠点生活で多い県は

デュアラーの生活を調査してみると、

・東京など都心部では、千葉県や長野県など

・大阪など関西では、京都や和歌山県、兵庫県など

に集中している傾向があります。

中には、東京<ーー>京都など関東と関西を行き来する強者もいたり、東京<ーー>北海道のデュアラーもいました。

特に、千葉県は、「二拠点生活の場所に」と政策を打ち出していることもあり、デュアラーが多い理由かと思います。

移動するなら2時間程度が理想

デュアラーにとって、2つ目の拠点(田舎)でできるだけ長い時間滞在することが大切です。ですから、移動にかけられる時間に限度があり、結果、2時間程度までの距離がほどよい距離となります。

東京<ーーー>京都を移動する場合も、なんと新幹線を利用すれば2時間程度ですみます。ファミリーなら移動が車ですし、車なら、二拠点目の家が千葉県が多いのも納得です。

穴場は山梨県

南アルプスの風景

 

山梨県は、県土の約80%は森林であり、「自然」という環境にはピッタリです。また、東京からも高速を利用すれば、2時間間程度で移動できますし、電車でも1時間30分程度です。なんと2027年開業予定のリニア新幹線の駅の創設が決まっていますので、アクセス面は申し分ありません。

山梨の魅力は

アクセスの良さはもちろんですが、他にも山梨には魅力が多くあります。

一番は、自然の豊かさでしょう。

富士山だけでなく、八ヶ岳や南アルプスの山々に囲まれ、景色のよさも堪能できますし、癒しにも一役買ってくれます。

他にも、温泉もありますし、名水と認定されている湧き水スポットも多くあります。

農作物でも、ぶどうやももが有名ですが、他にも柿やトマト、お米も負けていません。特にぶどうは、日本ワイン発祥の地であり、ワイン県として活動も行われています。

アクセス・自然・食べ物と環境が揃っていますので、二拠点生活を行う場所として、価値が高いでしょう。

セカンドハウスの家はどうする

二拠点生活を始めるなら、当然、”生活する家”が必要になります。最初は、賃貸でもいいかもしれません。ですが、これから長い時と過ごす場所です。こだわりを持ちましょう。

生活する家も自然とともに

せっかくなら、『自然を体感できる家』がいいと思いませんか。

家そのものが自然素材のもので建築されると、主に材料が『木』になります。他にも自然素材のものといえば、漆喰もありますが、一番目に入るのは、床や柱ではないでしょうか。

 

 

木の種類によって、色味は異なりますが、何となく「木のぬくもり」を感じられます。日光も取り込めば、もっと明るく晴れやかになるでしょう。

冬ならば、薪ストーブも一つの趣向として楽しめますね。

家づくりのご相談を

HOKUSHIN(北伸建設株式会社)は、設立から約40年、地元山梨県北杜市を中心に韮崎(にらさき)市、甲斐市、甲府市、笛吹市、南アルプス市などで、自然素材の「無垢材」を使用した家づくりを行ってきました。

 

新築注文住宅だけでなく、リフォーム・リノベーションも行っており、子育て世代でも手が届きやすい価格の「雨楽な家」を中心に、ゼロエネルギーの設備を備えた「雨楽な家ZEH(ゼッチ)」、家の中は一年中快適な温度で過ごせる「パッシブデザインの家」の3つのモデルホームを展開しています。

 

地元が山梨だからこそ、暮らし方を十分に把握していますし、山梨の良さも知り尽くし、家づくりに反映ができていると自負しています。

 

土地のこと、お金のこと、と家づくりには分からないことが多くあると思います。一生に何度も経験することがありませんから、プロにご相談ください。

 

できるかぎりのご提案、お手伝いをさせていただきます。

 

モデルホームの見学会も行っていますので、どんな家にしたいのか、具体的なイメージを持ってもらいやすいと思います。

 

参考までに実例もご覧ください

  

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetop