山梨県北杜市/
あなたと創るぬくもりの家

北伸建設スタッフによるブログです。

> 会社案内 > アクセス

本社:0551-47-2359

村山北割事務所:0551-47-4940

無料相談.無料見積り

スタッフブログ

電話

メール

メニュー

ガレージに着目|注文住宅を建てよう – スタッフブログ

子育て世代のための家づくり

家づくりのご提案

施工事例

モデルホーム

CONTACT

0551-47-2359

0551-47-4940

無料相談・無料見積り

スタッフブログ
BLOG

家づくりの豆知識

2020/03/25

ガレージに着目|注文住宅を建てよう

戸建ての建築を考える際、車庫部分を考えなければいけませんよね。最近、ガレージについて調べると、インナーガレージに注目が集まっていることに気がつくかと思います。

コラムのポイント

・今注目されているのはインナーガレージです。

・インナーガレージは税金の面や車の保護の観点でメリットがあり、換気・車の出入りの面でデメリットがあります。

・カーポートと比較し、インナーガレージ向きの人を考えます。

・インナーガレージをつくる際のポイントを紹介します。

 

ガレージは外か中か

戸建てを建築する際、生活の利便性を考えなければいけませんし、外観・エクステリアを考える際にも、庭や車庫をどうするのか考える必要があります。

エクステリアは玄関ばかりを注目しがちですが、車庫のつくりによって、家の印象はガラリと変わる大切な部分です。

一般的な車庫は建物と別空間(玄関の横だったり、前)につくられることが多いですね。ですが、建物の中につくるインナーガレージがじわじわと人気を高めています。

なお、建物の外で、屋根付きでつくられる車庫はカーポートといいます。

今注目されているのはインナーガレージ

別名ビルトインガレージやガレージハウスとも言われています。何にせよ、建物の中にある車庫と考えればいいだけです。

 

さて、なぜインナーガレージが人気を高めてきているのか考えてみましょう。

・車が趣味の一つであり、いつでも鑑賞できる環境にしたい、傷をつけたくない

・車の盗難を防いだり、車が雨風にさらされたりすることを減らしたい

・土地が狭い

・家の中への動線が楽(短い)

・見た目がいい

といった理由があるようですが、インナーガレージを希望する人は、『車が趣味』の方が多いかと思います。

インナーガレージのメリット・デメリット

インナーガレージを設置する理由はどうであっても、メリット・デメリットを理解し、デメリットの対策を講じる必要があります。

<インナーガレージのメリット>

金銭面

・固定資産税が安くなる

・駐車場を借りるより安い

 

固定資産税も安くなるのは、建物の延べ床面積の5分の1までです。5分の1を超えてしまうと、車庫の部分も延べ床面積として計算の対象となり、固定資産税が高くなります。

 

つまり、車庫部分が建物の延べ床面積の5分の1以下であれば、床面積として計算されませんので、インナーガレージをつくるのであれば、延べ床面積の5分の1以下になるようにしましょう。

 

駐車場に関しては、駐車場までの移動と、月約1万円以上の駐車場代がかかりますので、それを5年・10年と支払うことを考えれば、自宅(自分の敷地内)に車庫があれば、駐車場代がゼロなので、初期費用(建築費用)がかかっても後々得になります。

 

愛車に対して

・雨風にさらされることが少なくなり、傷みにくい

・車をいたずらされる心配がない

・室内で趣味を楽しめる

 

インナーガレージは、周りを壁で囲いますから、青空天井やカーポートよりぐっと車を守ることができます。

 

その他

・室内までの動線が短い(荷物の出し入れが楽)

・防犯対策になる

・作業スペースにできる(DIYやちょっとした子どもの遊び場)

 

ガレージから扉を設けておけばいいだけですが、2階部分がリビングやキッチンがつくられ場合、食料品を持って上がらなければいけませんので、家事動線も大切にしながら、設計することがポイントです。

 

実際に、家事動線を考えず、後悔している人も少なからずいますので、『趣味』を大切にすることもいいですが、普段の生活のしやすさも大切にしましょう。

<インナーガレージのデメリット>

金銭面

・建設費が高くなる

 

その他

・家の耐震

・場合によっては生活スペースは2階になる

・車の音やエンジンの臭いなどでストレスを感じる

・すべての建物で設置できるとは限らない

・死角ができる

 

インナーガレージは1階につくりますので、土台が通常の戸建より甘くなってしまいますので、耐震のために、補強が必要となり、その分、建築費がかさんでしまいますし、通常の木造建築の家では、インナーガレージを設置するのが難しいとされています。

 

また、扉をあければ室内ですので、家までの動線は短いですが、生活空間が2階となり、階段の上り下りをしなければいけませんし、車を移動する際の音や臭いを消すことはできません。音に関しては、対策が難しいですが、臭いに関しては、換気扇を設置することで問題を解消することができます。

 

デメリットの最後に、「死角」ができることです。どうしても暗いスペースになってしまいますが、ガレージにシャッターをつけること人の出入りを最小限に抑えることができますし、照明や防犯カメラの設置の必要を考えるべきです。ガレージにも照明をつけることで、作業をしやすいメリットが生まれますし、安全性も高まります。

 

インナーガレージをつくるポイント

・家事動線を考える

・できるだけ広め・高めし、車種が変わっても問題ないようにつくる

・シャッターをつけるなら電動シャッター

・寝室との距離を離す

 

家事動線は、利便性を考える上でとても大切です。インナーガレージを大きくつくるのは、乗り換えを考えるだけでなく、ベビーカーや車椅子の出し入れや乗り降りを考えても有効です。

 

インナーガレージをつくる際に、シャッターも防犯性を高めるために必要なことですが、予算の関係上、手動にしてしまい、雨の日が特に不便を感じ、後悔している人もいるようです。ただし、電動シャッターですと、高額になり、場合によっては「豪華な設備」とみなされ、固定資産税に加算されてしまうおそれもあるため、自治体に確認してから考えてもいいかもしれません。

 

車の出し入れを行う際、エンジン音だけでなく、シャッタ音もしますので、寝ている人を起こさない、リラックスタイムを邪魔しないためにも、極力離れた場所に設置することをおすすめします。

カーポートのメリット・デメリット

<メリット>

・屋根と柱をつけるだけのため安く、施工期間も短い

・雨や直射日光から守れるため、車が傷みにくい

<デメリット>

・雨をしのげる程度で、吹き込む場合がある

・防犯性は低い

・台風などの強い風で屋根が飛ばされる可能性もある

ガレージ比べ、施工費用が安く、期間も短いですが、防犯面や雨風に弱くなってしまいます。台風の多い地域には向いていないでしょう。

 

愛車を様々な面から守りたい意識が高い人は、インナーガレージ向きです。

 

山梨で暮らすなら車は必須

このサイトを検索されている方は、”山梨”で戸建てを考えている方が多いかと思います。

山梨は、北は八ヶ岳から南は富士山と周りは山で囲まれ、自然豊かな場所です。新幹線の駅もありますが、普段の生活は、移動手段が電車やバスになってしまうので、車がないと不便です。

また、冬は、雪が積もり、スタットレスタイヤは欠かせない環境ですので、車庫部分の検討は不可欠です。

家を建てるなら地元工務店がおすすめ

大手ハウスメーカーは、信頼度が高いですが、やや高くなりがちです。地元工務店であれば、地元の暮らし方を熟知し、どう設計・建築すればよいのか分かっています。

その上で、得意としてるテイストに特徴がありますので、自分の好みにあうデザイン(テイスト)をしているところを探すとよいと思います。

 

HOKUSHINは山梨が地元

HOKUSHIN(北伸建設株式会社)は、地元山梨県北杜市を中心に、約40年、3つのモデルホーム「雨楽な家」「雨楽な家ZEH」「パッシッブデザインの家」を軸に新築・リフォーム事業を展開しています。

 

子育て世代でも手の届く家づくりをコンセプトに、自然素材のものを使い、極力化学物質を使わないようにし、木のぬくもりを感じ、五感を育てる家として建築しています。

 

インナーガレージでも、希望に沿った家になるように、ヒアリングを大切にし、プランニングを行っていきますので、最初はざっくりとしたイメージでかまいませんので、お気軽に家づくりのご相談ください。

ほぼ毎日のように、無料相談や雑談会を実施していますので、お気軽にお越しください。

ただし、2020年は新型コロナウイルスの影響もありますので、お電話やお問い合わせフォームなどで、事前にお知らせください。

 

参考までに過去の施工事例もご覧ください。

pagetop