山梨県北杜市/
あなたと創るぬくもりの家

北伸建設スタッフによるブログです。

> 会社案内 > アクセス

本社:0551-47-2359

村山北割事務所:0551-47-4940

無料相談.無料見積り

スタッフブログ

電話

メール

メニュー

キャンプを存分に楽しむ家はどんな家? – スタッフブログ

子育て世代のための家づくり

家づくりのご提案

施工事例

モデルホーム

CONTACT

0551-47-2359

0551-47-4940

無料相談・無料見積り

スタッフブログ
BLOG

家づくりの豆知識

2021/11/29

キャンプを存分に楽しむ家はどんな家?

寒い冬もツウには堪らない冬キャンプの季節がやってきました。庭キャンプ/おうちキャンプを楽しむご家庭には、冬キャンプにトライしてみてはいかがでしょうか。

 

さて、いつでもキャンプを楽しめる、庭キャンプ/おうちキャンプにますます心が惹かれて、キャンプが楽しめる広い家を建てたいなと考えていますか。

 

キャンプを存分に楽しめる家は、今注目が急上昇している「アウトドアリビング」のある家だけではありませんよ。今回は、キャンプが存分に楽しめる家、家づくりについてお伝えします。

 

コラムのポイント

  • キャンプを存分に楽しめる家とは、注目が急上昇している「アウトドアリビング」のある家だけではなくありません。
  • キャンプは、庭・ウッドデッキ・インナーテラス・インナーガレージのある家も存分に楽しめます。
  • キャンプを存分に楽しむなら、アウトドアをギアを普段づかいと兼用したり、収納スペースを確保した間取りのある家がおすすめです。

 

キャンプを楽しむなら令和時代は家

今の令和時代は、新型コロナの影響によって、働き方改革、テレワークによって、おうち時間が増えています。

 

かといって、ずっと室内にこもっていては、ストレスもたまってしまいますので、少しでも外で楽しめるようにと、庭キャンプやおうちキャンプをしているご家庭が急上昇しました。

 

さらに、アウトドアメーカーも庭キャンプ/おうちキャンプのニーズに合わせて、アウトドアギアも室内のインテリアを損ねないおしゃれなタイプの製品も手がけるようになりました。

 

 

家でキャンプを楽しむ場所はどこ?

庭キャンプやおうちキャンプを楽しまれてる場所はどこでしょうか。

 

庭、ウッドデッキ、テラス、インナーガレージや屋上というように、少しでも外の空気を感じられる場所が主流です。

 

しかしリビングや和室にテントをたてて、天候に関係なく楽しむ強者もいますね。

 

これから家を建てようと考えている多くの方は、家でキャンプをすることを前提にしていることもあり、家づくり、「間取り」にも変化がありました。
なんと、「アウトドアリビング」なるものが提案されていますね。

 

 

令和の新しい間取り ”アウトドアリビング”とは

アウトドアリビングとは、名前の通り、アウトドアを楽しむリビングです。1階・2階を問わず設置でき、屋根の有無も関係がありません。

 

ウッドデッキや、テラス、インナーガレージであっても、2つめのリビング、「アウトドアリビング」として使えばいいのです。
まさにキャンプを存分に楽しる家づくりですね。

 

関連記事
アウトドアリビングについてもっと知りたい方はコチラ>>
■アウトドアリビングのある家で外とつながる広々生活
ウッドデッキのある家についてもっと知りたい方はコチラ>>
■デッキのある家を建てる|ソトとナカをつなぐテラスとの違い

 

キャンプギアを兼用しよう

ウッドデッキとつながるリビング

 

キャンプをするとなると、揃えたくなるのがキャンプギアですね。

 

キャンプのギアは、機能性を重視した製品が多く、高価なものほど重宝します。

 

もちろんキャンプ初心者で、今後趣味として楽しめるかどうか迷っている場合は、お手頃価格のギアから始めていくこともおすすめです。

 

お手頃価格でも、高価なギアであっても、キャンプをする時だけ使うのはもったいないと思いませんか。

 

とにかくかさばるキャンプギア

アウトドアギアを揃えていくと、持ち運びを考えられて作られた製品で、コンパクトさがあったとしても、とにかくかさばります。

2ルームテントで、タープ系ギアがいらず、一つで使える場合でも、大きさもありますので、場所をとってしまいます。

 

プラスして、鍋、寝袋、椅子、テーブル、ももちろん必需品ですし、コンロ(キッチン)も使いますね。4人家族であれば、寝袋も椅子も4つ必要ですから、どんどん数が増すばかりなのです。

だからこそ、家にいるときも使いたいですし、アウトドアメーカーも兼用で使える製品を発売していますね。

 

キャンプギアを兼用するメリットはある?

●ギアを使い慣れることができる
●キャンプだけ使うという、もったいない感じがない
●収納スペースもコンパクトにできる

 

キャンプギアは、使い終わったら、洗って、乾かして、収納するという手間と時間が非常にかかります。

 

ですが、普段から使っているものであれば、脚の部分を拭いてきれいにすればいいだけですし、収納する手間もスペースも不要です。

 

キャンプギアを兼用して楽しむインテリアもステキ

キャンプギアを兼用することは、上記にご紹介したメリットだけではありません。

 

雰囲気のあるギアが増えています、インテリアとしてもステキです。愛着感がありますし、好きなものに囲まれた暮らしは、心に豊かさも生まれますよ。

 

暖炉のあるオリジナルキッチン

 

アウトドアはギアは、男前インテリアにも似合いますし、ナチュラル系、シンプルモダンな雰囲気とも相性がいいため、使ってみたいと思いませんか。

 

冬は薪ストーブ

自然素材の家のリビング

 

ゆらゆらとゆらめく炎は、人の心を落ち着かせる効果があります。キャンプには焚き火!といわれるように、火と切り離すことはできません。

 

冬キャンプなら、炎のゆらめきだけではなく、その暖かさも感じることができます。外でキャンプをすることが厳しいと思うなら、ぜひ家の暖房器具として薪ストーブを取り入れましょう!

 

薪ストーブであれば、遠赤外線効果で体を芯からポカポカと温めてくれますし、使わない時期もお手入れの必要がありますが、インテリアとして十分見栄えがあります。

 

 

 

キャンプギアはどこに収納すべき?

ウッドデッキ

 

出しっ放しにできるキャンプギアは、インテリアとして楽しむことができますが、テントを出したままにすることは厳しいですね。

さらに、クーラーボックスも大きさがあるタイプのものであれば、普段使いは難しいです。

 

アウトドアはBBQだけを楽しむわけではなく、山登り、川遊びもするなら、リュックサックや専用のシューズ、ライフジャケット、水中メガネなど使うものが、数多くありますし、ときにはキャンプ場でもキャンプを楽しみたいものです。

 

困るのは、道具の収納場所です。

長く使うためには、洗ったり、干したり、拭いたりとケアをしなければなりません。一度に全部をお手入れできる場所があれば問題はありませんが、限りがあるため、順番にお手入れしていくことになります。

 

キャンプギアや遊び道具の収納とお手入れポイント

●収納場所は確保する
●可能なかぎり、収納場所は1箇所にまとめる
●お手入れから保管までのルートを確保する

 

上記3つのポイントを満たす、間取りも含めて考えてみましょう。

 

 

収納場所にシューズクローゼットやインナーガレージ

土間や玄関

 

シューズクローゼットは、玄関につくられる大きな収納スペースです。靴をまとめて置いておき、玄関内をスッキリと清潔に保てるだけではありません。

 

玄関に置いておきたいものを、置いておくとかさばるものを、まとめて、隠して収納することができます。ベビーカーや車椅子も置いておけますし、キャンプギアも収納が可能です。

 

もし、奥に洗面所へと通じるように道をつくっておけば、家に帰ってきたら、”手洗い、うがい”をすぐに実践することができます。新型コロナだけでなく、インフルエンザや花粉症など、室内に可能な限り入れたくないものを入れるリスクを軽減することができます。

 

土間もおすすめ

土間✖️シューズクローゼット

 

土間✖️シューズクローゼットの組み合わせも利便性が向上します。

 

土間は、室内で靴のまま歩けるようにつくられる場所のことです。土汚れが気になるキャンプギアや遊び道具を持ち込んでも、掃除がしやすくなっていますので、汚れたものを入れてもストレスが少なく、使えます。

 

汚れのついたものを外で洗って、乾かすために室内に入れておいておくこともできますので、キャンプなど外遊びが好きなご家庭に相応しい間取りと言えるでしょう。

 

 

まとめ:キャンプに適した家づくりをしよう

小川の近くの家

 

キャンプは、キャンプ場で楽しむだけではもったいないですね。庭キャンプ/おうちキャンプによって、十分に家でも楽しめるものと実感されていると思います。

 

しかし、片付けなど大変な部分もありますので、家を建てるなら、キャンプを楽しむことを前提にした家づくりにしてみてはいかがでしょうか。

 

HOKUSHINにご相談ください

 

HOKUSHIN(北伸建設株式会社)は、地元山梨県北杜市を中心に、約40年「子育て世代でも手の届く家づくり」をコンセプトを基本に、自然素材のものを使い、極力化学物質を使わないようにし、木のぬくもりを感じる家、3つのモデルホーム「雨楽な家」「雨楽な家ZEH」「パッシッブデザインの家」を軸に新築・リフォーム事業を展開しています。

 

薪ストープを設置する家づくりの新築・リフォームもお任せください。

 

 

 

 

 

  • 田舎暮らしの魅力自然体で暮らす雨楽な家
  • 森の中の小屋のような家小川のほとりの平屋
  • 富士の平屋富士山〜甲斐駒ヶ岳一望の平屋
  • 南アルプスを一望できる家南アルプスを一望できる家
おすすめ記事

CONTACT

TEL:0551-47-2359

無料相談・無料見積り

HOKUSHIN(北伸建設株式会社) > 会社概要
【本社】〒 408-0003 山梨県北杜市高根町東井出290 TEL:0551-47-2359 FAX: 0551-47-4504
【村山北割事務所】〒408-0003 山梨県北杜市高根町村山北割1595-80 TEL:0551-47-4940 FAX:0551-47-4972
山梨県知事許可 (般-27)第5020号 (特-27)第5020号

「無料相談をしたいのですが。」

CONTACT

本社 TEL:0551-47-2359

村山北割事務所 TEL:0551-47-4940

無料相談・無料見積り

「無料相談をしたいのですが。」

HOKUSHIN(北伸建設株式会社) > 会社概要
【本社】〒 408-0003
山梨県北杜市高根町東井出290
TEL:0551-47-2359
FAX: 0551-47-4504
【村山北割事務所】〒408-0003
山梨県北杜市高根町村山北割1595-80
TEL:0551-47-4940
FAX:0551-47-4972
山梨県知事許可(般-27)第5020号(特-27)第5020号

pagetop